40歳男が家庭も大事にしながら、大好きな買い物もこなしていくと言う涙ぐましい物語・・・ どこがや!


by tachan0912
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ダイナイトの誘惑・・・

最近靴好きのブロガーさんの記事を読ませていただいていると、
どんだけ 『ダイナイトソール』 と言うコピーが多いことか??  
実は私もず~~っと欲しかったんです。。。
ですんで、とにかく敏感に反応してしまいます(^^;

私は雨用の靴として一応2足ダイナイトソールの靴を所有していますが、
Uチップとチャッカ・・・・  
元来、平日はスーツ&タイドアップが一般的な私にとって、
どうしてもオックスフォードのダイナイトが欲しかった・・・

で、買っちゃいました(^^;
f0197582_1285814.jpg

トレーディングポストオリジナルのアデレードタイプ、
色はダークブラウンです。
f0197582_1294923.jpg

今回購入にあたって特に気にしたのが、
ダイナイトには見えない華奢なソールであること・・・
そう、一般的にダブルソール??って思われる位に
ラバーソールはごつくなりますよねぇ。。。

今回はシングルレザーソール並みの薄さを追求したものを探し求めていたので、
まさに直球ド真ん中でした(^^;
価格も3.5諭吉位なんで財布に優しい?ですよね(^^;   
今月小遣いを節約?して購入を決断しました。。

ちなみに作っている工場は東京葛飾のユニオンロイヤルです。。 

通常、トレポスオリジナルは浅草のセントラル靴で製作してもらっているのですが、
今回のソールの薄いUKダイナイトタイプはユニオンらしいです。。

ユニオンロイヤルは元々『マッケイのユニオン』と言われるほど
マッケイが得意な工場で、
日本で最初に本格的なイタリアンマッケイ製法の靴を製造したのは
ユニオン・ロイヤルだそうです。

じゃあ今回の靴はマッケイ製法なんだね??って思われがちですが、
こちらはボロネーゼ式グッドイヤー製法(通称AUG製法)と言う
マッケイとグッドイヤーのいいとこ取りをしたような工法で作られています。

このボロネーゼ式グッドイヤー製法は、
見た感じはグッドイヤーで作った靴に似ているが、
もっと繊細な雰囲気に仕上がり、
ボロネーゼ製法(マッケイ製法)と同じく軽くて、
ソールの返りがいいのが特徴なんだそう。。

この製法もグッドイヤー同様に中物にコルクボードを入れているが、
それほど厚みがないため沈み込みが少なくて、
購入時の感触をいつまでも・・・・みたいなヤツである(^^)

まあ能書きはいいとして、なかなか形は格好いいので気に入っています(^^)  
さすがに革質は最高ではないですが、必要にして十分ってとこでしょうか(^^)
f0197582_1584363.jpg

結構、細めですよ!

スーツに合わせてみました・・・
f0197582_1593673.jpg

う~ん  悪くない雰囲気です(^^)

一応、雨天時でも気を使うことなく履ける靴を・・・ 
と言う思いで購入したのですが、段々もったいなくなってきました・・・(^^;

とにかく、トレポス大阪店ではお世話になっています。。。  
大阪店では今回で14足目の購入ですが、
いつ行っても次々に欲しい靴が現れて大変です(^^;   
しかもスタッフがいい人たちばかりで、
ついつい・・・って感じになっちゃいます・・(^^)

いずれにしても とてもコスパの高い靴を提供し続けてくれる以上、
通い続けるのは間違いないでしょう!
[PR]
by tachan0912 | 2009-03-29 02:21 |